ミルボン トリートメント&UVケアミスト 口コミ 夏の紫外線から髪を守る香り豊かなトリートメント!

今日はミルボンのジェミールフラン メルティバターディーセス デイチャーム UVミスト アーバンアロマをご紹介します。
ミルボンのヘアケアは以前から気になってはいたものの、実際に使うのは初めてでした。

IMG_12092

メルティバターはシャンプー後、ドライヤーをかける前に使う洗い流さないトリートメントです。

髪のまとまりを記憶させるモイストモリンガバターを配合しています。
これがドライヤーの熱で溶けて髪に馴染み、寝ているあいだに冷えて固まることで夜のまとまりを朝までしっかりキープすることができるんだそうです。
髪を滑らかにまとめるオリーブスクワラン配合。

ミルボン ジェミールフラン メルティバター

IMG_11072 IMG_1143
真っ白な固めのミルクといった感じ。
シャンプー後、タオルドライした髪に使います。
使用量はミディアムでパール大2個くらい。

毛先から根元の順に馴染ませたらドライヤーを上から下にかけて乾かします。
髪全体にドライヤーの熱が行き渡るようにゆっくりとかけていきます。

夜にこれをしておくとメルティバターがドライヤー後に常温に戻って固まることで、髪がきれいな状態をキープしたまま朝を迎えることができます。

朝にアレンジしたいときもドライヤーやアイロンの熱でメルティバターが溶けて、セット後に固まるのでスタイリングが長持ちします。

そしてインパクトがあるのがこの甘い香り。
最初、かなり香りが強くてこれはムリかも・・・と思ったくらい(笑)
でも髪に馴染ませて乾かしたあとはほんのりと甘い香りが続いてなんだか女子力UPしたような感じに♡
アラフィフですがww

しかもこの香り、時間とともに変わるんです。

つけたて→ピオニー&ラフランス(リラックスする甘さ)

ドライ中→ピオニー&ジャスミン(爽やかな甘さ)

ドライ後→ピオニー&ムスク(深みのある甘さ)

このピオニー(芍薬)はヨーロッパでは5月のバラとも言われているそうです。
バラの甘さと新緑の爽やかさを香りを併せ持っている香りなんですね。
芍薬は日本でも美しい女性に例えられることわざがありますよね。
3480

甘い香りがどうしても苦手という人にはおすすめではないかもしれませんが、ドライヤー後はふわっとした香りが続く感じなのでちょっと幸せな気分になれます♡
私もふだんはこういった甘い香りはあまり使わない方なんですが、ちょっと気分を変えたい時とかに使うのはいいかも。
というかすっかり毎晩つかってますが(^-^;

そしてもうひとつが
ミルボン ディーセス デイチャーム UVミスト アーバン アロマ

IMG_1126

髪と頭皮を紫外線から守るヘアートリートメント、頭皮用日焼け止めです。
スプレー式なのでお出かけ前に手軽に使えます。
使い方は、10~15cmくらい離して髪の表面にスプレーします。
ミュゲ、ジャスミン、アンバーのフレッシュフローラルの爽やかな香りがします。

IMG_1131

UVケア効果はSPF50+ PA++++で、髪のキューティクルにダメージを与えるUV-A(SPF)とカラーリングの色素を退色させてしまうUV-B(PA)の両方の紫外線をしっかりガードします。

頭皮や髪のUVケアって意外と忘れがちですよね。
特に日常生活の中で浴びることの多い生活紫外線とも言われるUV-Aは皮膚の深いところまで到達してダメージを与えるので日頃からしっかりケアしておきたいですね。

またこのUVミストにはアサイーオイル、ティアレケアオイル、パッションフルーツオイルの3種類の天然オイルが配合されていて、髪をしっかり補修しながらさらさらにまとめてくれます。

20793

ディーセス デイチャーム UVミストにはアーバンアロマの他にもガーデンアロマ(フルーティフローラルの香り)とフォレストアロマ(グリーンフローラルの香り)があります。

お値段もお手ごろですし、スマートでおしゃれなパッケージなのでバックに入れて持ち歩くのにもいいですね♪

こちらからチェックできます264485

>>【ミルボン】ジェミールフラン メルティバター

>>【ミルボン】ディーセス デイチャームUVミスト アーバン アロマ

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

透輝の滴(とうきのしずく)

カテゴリー

2018年7月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031