タニタの体組成計を買いました♪

これまで体重計はアナログ、体脂肪計は今まで手でもって測るのを使ってました。
たぶんもう10年どころじゃないくらい以前のもの(^_^;)
でも壊れないから新しくするタイミングもなくて。
以前から体重と体脂肪率が一緒に測れるものがほしくて今回ようやくゲットしました♪
ネットの口コミなどいろいろ見てお値段も安かったこちらを購入。

IMG_1065

TANITA インナースキャン50 BC-313

色はパールホワイトとメタリックレッドの2種類があるようですがパールホワイトにしました。
デザインはすごくスタイリッシュ、コンパクトな薄型で場所をとらないのもいいですね。
洗面の隙間などに立てかけて収納することもできます。
1.5kgと軽いから持ち運びも楽チン♪

IMG_1066

最初に個人データを登録すると次からは乗るだけで登録者を判別して測定してくれます。
ちなみに5人まで登録できますよ。
あと、登録しないで測定することもできるので1回だけ測定したいときには便利ですね。

そして乗るだけで体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・推定骨量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢が測定できます。

これだけの数値が足から測定できるなんてすごいですね~!
しかも乗っただけで登録した人を認識してくれるなんて。
体組成計の進化にビックリ!感動ものです♪(*゚▽゚*)
あ、くつ下は脱がないと測れませんけどねw

最初体重が表示されてその後、順番に測定値が表示されます。
もちろんあとから前回値だけ見ることもできますよ。

体重と体脂肪率だけでなくがBMIや内臓脂肪レベル、筋肉量や骨量がめやすとはいえ測定できるというのはうれしいですよね。
ちなみに私は予想通りですが筋肉量が少ないと出てしまいました。

筋肉量が少ないとその分、エネルギーの消費が減って脂肪がつきやすくなってしまうのでやっぱり日頃から適度な運動をして筋肉を減らさないようにしないとダメですね。
てか果たして私に筋肉が残っているのか228079

基礎代謝量って・・・?

測定値の中に基礎代謝量というのがあるんですが、この基礎代謝量というのは人間の体が心臓を動かしたり呼吸をしたりといった生きていくために使う必要最低限のエネルギーのこと。
この基礎代謝量と日常生活の活動代謝量を合わせたものが1日の消費エネルギーなんだそうです。

そして基礎代謝というのは筋肉量によって決まってくるんだそうです。
というのは基礎代謝のエネルギーの消費がいちばん多いのが筋肉だからなんだそう。
ようは同じ体重でも筋肉が多い人のほうが基礎代謝が高くなるので消費するエネルギーも多くなるということなんですね。
筋肉が多い人の方が太りにくいというのはこういった理由からなんですね。
こうして考えると日頃から筋肉をつけること、というか減らさないことはとっても大切なんだと再認識しました140074

ちなみにこの体組成計のお値段ですが、今回調べた中ではアマゾンがいちばん安くて3,400円でした。

これだけの性能と機能でこの価格というのも驚きです!
タニタ BC-313で検索すればヒットします。
口コミでの評価もすごく高くてこれから体組成計の購入を考えている方におすすめです(*^^)v

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2018年8月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031